レーザーマーキングとは

レーザーマーキングは、対象物にレーザー光を照射して表面を溶かす、焦がす、剥離する、酸化させる、削る、変色させることでロゴや商品名、シリアル番号や型番などを印字する方法です。

レーザーマーキングのメリット

高精度なマーキングが可能

印字分解度5ミクロンのピンポイントでレーザー光を照射するので高精度なマーキングが可能となり、小さな文字でも判別でき、確実な品質管理を実現できます。また、レーザー光を可動ミラーの動きで照射するガルバノ式レーザーのため、プロッター式レーザーのようにヘッド部自体がX軸、Y軸に移動する際の振動がなく線がブレることがありません。

消えない印字が可能

ラベルやプリントの場合、剥がれたり、消えたりして印字の内容を識別できなくなってしまうこともありますが、レーザーマーキングなら消えてしまう心配もありません。

複数のマーキング方法が選べる

表面を焦がす、酸化させる、変色させる、メッキや塗装を剥がしたりと、様々なマーキング方法が選べます。適切なマーキング方法を選択すれば対象物の材質を選ばず、かつダメージを与えることなく印字できます。

マーキングの高速化が実現できる

レーザー光を可動ミラーに反射させ、ミラーの向きを細かく瞬時に変えて照射するガルバノ式レーザーのため印字速度が速い。実質的な移動距離がなくなり、高出力なレーザー光を利用することでスピーディなマーキングができ、生産の効率化を実現できます。

PAGE TOP